vSphere WebClientはファイルをアップロードできません

vSphere WebClientにファイルをアップロードする場合,最初に「クライアント統合プラグイン」をインストールする必要があるというメッセージが表示されます,しかし、インストール後にvSphere WebClientに再度ログインしました,ファイルのアップロードアイコンをクリックしたとき,「クライアント統合プラグイン」をインストールするように求めるメッセージが引き続き表示されます。

 

この問題が以前に発生したとき,何回か試したが役に立たなかった,諦めてvSphereClient経由でアップロードするだけです,しかし、私はこの問題が私を置く原因になるとは思っていませんでした からのvCenterServer Appliance 5.5 へのアップグレード 6.0 とき,0xc0000018エラーがfileTransfer.exeで発生しました,だから私はこの問題を修正しなければなりませんでした。

 

「クライアント統合プラグイン」がインストールされていない場合,アップロードしたファイルのアイコンにカーソルが移動します,會出現 “クライアント統合プラグインをインストールして、ファイル転送を有効にします。すでにインストールされている場合,ブラウザを更新してアクセスを許可してください。”

 

インストール後,vSphere WebClientに再度入るとき,リンクとvmware-plugin設定に関連するメッセージがポップアップ表示されます,そしてセットアップを終えた後,上の画像にプラグインをインストールするように求めるメッセージが引き続き表示されます。

 

その後、VMwareフォーラムでネチズンを見つけました xtRaVxの説明,実際、ESXiServerはFQDN関係を設定していないためです,ローカルコンピュータがファイルを転送しているときのようです,FQDNアドレスからESXiホストを見つける必要があります,vCSAのアップグレードが含まれている場合,マシンの.rpmファイルもvCSAVMに転送され、FQDNアドレスを介してデプロイされます,したがって、FQDNアドレスが正しくない場合,エラーが発生します。

 

ESXiのFQDNは次のように設定されます (それぞれが推奨されます):
◎[ESXiサーバー]をクリックします,「構成」-「DNSとルーティング」-「編集」に順番に移動します。

 

◎ESXiホストのドメインを入力します,また、DNSサーバーで関連する解像度を設定することを忘れないでください,ESXi.abc.com.twがESXiホストにpingできることを確認します。

 

◎関連設定完了後,vSphere WebClientを再度入力します ,カーソルがファイルのアップロードアイコンに移動したとき,現れる「ファイルをデータストアにアップロードする」のメッセージ。この統合プラグインが正しく機能していることを確認した後,vCSAをアップグレードする場合は、アップグレードすることもできます。

 

【參考連結】

このサイトは、スパムを減らすためにAkismetが使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示