VMware vSphereの 5.5 VMを観察(ゲスト) IOPS

VMインポートした後、,随時ストレージのパフォーマンスの問題が発生します,初期のそれは帯域幅不足によって引き起こされたと思いました,DELLストレージ・ソフトウェアはIOPSによる負荷よりも後に観察して知っています,したがって、ストレージIOはときChaxiu優先事項の一つとなり、その後の状況を観察します。

 
 

ERPシステムが遅くなり、ユーザーの反応今朝はオーバー登場します,ストレージの有効性の見直し後,IOPSは実際にリードを急上昇されます。問題を知ります,近いVMの原因についての理解やサービスが欲しいです,彼らは、vSphere Clientのために開始するために始めます,最終的には最終的に見つけます,ERP VM自体はIOの多くを生成しています...。vSphere Clientの設定を行うため、以下の手順,vSphere Webクライアント以下同じ,ひょうたんのような絵によると、。

 

- "vSphere Clientの" - "の仮想マシンおよびテンプレート。",1 VMを選択。

 

- 「パフォーマンス」 - 「詳細」,クリック”図のオプション...”。

 

- 「描画オプション」を選択”仮想ディスク”若しくは”データストア”若しくは”ディスク”,ここへ”データストア”ケーススタディ。
- 「オブジェクト」で先LUNを選択。
- カウンタを選択します”2回目の読み出しあたりの要求の平均数”と”第2の書き込みあたりの要求の平均数”,表示したいか、他のパラメータ。

 

- 後に[OK]を押します,IOPSケースVMを表示するには

 

PS. このパラメータは、メイン観察モードとして設定されている場合,デフォルトの表示およびストレージとして設定することができます。

コメントを残す

注意してください: コメントモデレーションが有効になって、あなたのコメントを遅らせる可能性があります. コメントを再送信する必要はありません.