Windowsサーバー 2019 Server CoreインストールWindows管理センター

Windows Serverをインストールする前に 2019 とき,Server Core環境がデフォルトで選択されていることに気付きました,マイクロソフトはこのインストラクションモードの動作環境をプッシュしたい気がします。そして、Windows Serverのインストールが完了した後,サーバーマネージャーを開くとき,次に、それを使用しようとすることを示唆します “Windows管理センター” IT,だから言いたいことがあるなら、Windows Serverを試してみてください 2019 Server CoreインストールWindows管理センター。

 

◎Server Coreインストール後,sconfigコマンドを直接入力することをお勧めします (システム構成)。このコマンドは、オペレーティングシステムのインストール時に必要なほとんどの設定を完了できます,IP設定を含む、Windows Update,そして、有効化など。

 

◎へ マイクロソフト評価センター Windows管理センターをダウンロード。

 

◎次に、Netfangを介してインストールファイルをこのコンピューターにコピーします。(私はもっ​​と良い方法を考えていません。)

 

◎次のコマンドを入力してインストールを開始します:

  msiexec /i WindowsAdminCenter1910.2.msi  

 

◎デフォルト設定を使用。

 

◎ご自身で発行した証明書をご利用ください。

 

◎完了後、別のパソコンからブラウザにアクセスできます,この駅のURLを入力してください,このコンピュータの管理者権限を持つアカウントでログインします。

 

【參考連結】

コメントを残す

注意してください: コメントモデレーションが有効になって、あなたのコメントを遅らせる可能性があります. コメントを再送信する必要はありません.