vSphere 5.5 に更新 7.0

最近vSphereを導入しました 5.5 に更新 7.0,多くの記事が以前に公開されています,これは仕分けです,これは、アップグレードプロセス全体で少し明確になります,全体のアップグレード手順は次のとおりです:


1. vCSA 5.5 U3k-> vCSA 6.0 U3i
2. ESXi 5.5 U3b-> ESXi 6.0 U2
3. vCSA 6.0 U3i-> vCSA 6.5 U3f
4. ESXi 6.0 U3f-> ESXi 6.5 U2
5. vCSA 6.5 -> vCSA 7.0 U1
6. ESXi 6.5 U2-> ESXi 6.5 U3。
7. ESXi 6.5 U3-> ESXi 7.0 U1。

 

上記のアップグレード順序とバージョンの選択,いくつかのVMwareKBを参照して計画されています,関連情報については、この記事の下部にある「参照リンク」を参照してください。。また、アップグレード中の場合,ドライバの競合やその他の要因により既存のESXiまたはvCenterが壊れている場合は、再インストールする予定です。,次の2つの記事を参照できます:

ESXiをアップグレードする場合,アップグレードとインストールの違い
vCenter ServerApplianceをインストールします 7.0

 

アップグレード中,3つのメジャーバージョンにまたがる,VMwareライセンスキーのアップグレードおよびアップグレードが必要な場合,次のKBを参照してください。

トラブルシューティング手順を使用して、CustomerConnectでライセンスキーをアップグレードまたはダウングレードする方法 (81665)

 

アップグレードが完了した後,VMwareToolsをアップグレードすることをお勧めします,vSphereのVMのさまざまな監視および管理機能を引き続き正常に動作させます;そしてVMのハードウェアバージョン,アップグレードする必要はありません,新しいハードウェア互換性関連機能を使用する場合にのみアップグレードする必要があります。両方を上げたい場合,最初にVMwareToolsをアップグレードすることをお勧めします,ハードウェアバージョンを再度アップグレードします。

 

【參考連結】

コメントを残す

注意してください: コメントモデレーションが有効になって、あなたのコメントを遅らせる可能性があります. コメントを再送信する必要はありません.